マンションを高く売るため、売主も勉強しよう

「中古マンションを売る」となれば、どう考えても、買った当初の値段よりも安くなるのが当たり前です。

が、長い目で見ると、たまーにバブルがあり、そのタイミングに乗って売却すれば、買った時よりも高く売ることができます

ちなみに、私の知人は、大阪北区のマンションに4年ほど住んで、2016年の2月に売却しました。なんと、買った時よりも高く売れたそうです。

では、なぜ高く売れたのか?もちろん、ラッキーがあったことも否定しませんが、やっぱり戦略なんですね。

まず、そのマンションの持ち主 Yさんが引っ越ししたので「買った時と比べて、どう?高く売れた?」って。そしたら、「高く売れました!」と、返事が☆

で、なぜ、高値で売れたのか、というと、Yさんの隣にタワーマンションが建ち、販売開始になったのですが、かなり高い!(この当時、大阪の梅田地区はマンション価格が大高騰まっただ中でした)

で、新築タワーマンションを見学に来た人が「欲しいけど、高い」ということで、中古でいいからもう少し安いところがないか、と探しているタイミングに乗っかることができたわけです。

ちょうど、大阪では、これから先にタワーマンションがどんどん建つのですが、何と、坪単価300万に達しようという勢い。

これで、3LDKとなると、すごい金額になります。なので、1つの部屋を小さくして70平米弱で3LDKを作り、少しでも割安感を出すようにしてるんです。

ただ、実際に見に行くと、70平米弱の3LDKって、すごく狭い!

同じ値段なら、中古で広い方がいい、という人も多いので、中古市場が活況なんです。

こういうことって、売主は意外と知らないので、絶対に知っておくべき。

そして、それは、仲介してくれる不動産会社からは教えてもらえないので、自分で情報を集めるしかないんです。

なぜ、教えてくれないか、というと、売主に有利な情報を与えると、どんどん強気になって値段を釣り上げて売ろうして、結局なかなか売れないことがあるからなんです。

不動産屋としては、サクッと売りたいのが本音ですからね。

3,000万の物件を1年かけて売るより、2か月で売る方が効率がいいでしょ?

だから、多少値段を下げても売りたいんです。

だから、売主は、不動産業者任せにするのじゃなく、賢い売主になって、高く売れる努力をするべきです。

私は、ものすごい努力をしました。なので、高く売れたと自信を持って言えます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする