マンションの売却手数料はどれぐらいかかる?

Mansionマンションを売る場合、税金や仲介手数料などの費用がかかります。

つまり、5,000万円で売ったからといって、全額が売主のものになるのではなく、そこから、一定の諸経費をひいた残りが、売主の手取り額になります。

売却金額 - 諸費用 = 手取り金額

まず、税金です。印紙代と所得税/住民税 になります。

印紙代は、売買契約書に印紙を添付するものです。だいたい10,000円です。

節約したい場合は、金券ショップで購入すると、9,800円ぐらいで売っているので少し節約になります。

次に所得税/住民税です。

自分が住んでいたマンションを売却して、譲渡益が出た場合は、3,000万円の特別控除が利用できる場合があります。税率は短期所有・長期所有によって違います。

中古マンションを売る場合は、購入時よりも安い値段で売ることがほとんどですので、譲渡益については気にする必要はないでしょう。

ただ、購入時より高く売れる場合は、事前にどれぐらいの所得税がかかるのか、不動産屋に確認してくださいね。

そして、経費です。

これは、仲介手数料となり、売買が成約した際に、不動産屋に支払うものです。

最大で、物件金額の3%となります。3%と決まっているわけではなく、2.5%や2%など、交渉次第で安くなることもあります。

特に大阪では、物件を扱いたい業者も多いので、数社から見積もりをとって、仲介手数料の値下げを要請すれば、かなりの確率で仲介手数料は安くなります。

躊躇せず、「仲介手数料、負けてや!」とPRしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする