マンションを売却にリフォームは必要?

マンションを売る場合、気にする人が多いのが、「リフォームして綺麗にしないと売れないですかね?」という点。

特に、築年数が経てば、それなりに劣化もしていますし、汚れも目立つのは当たり前です。

そこで、水周りだけでも、とか、フルリノベーションを、という考えになるのは仕方ないです。

が、ここで、冷静になって考えてください。

リフォームする、ということは、お金がかかります。

2,000万で売ろうと思っていたマンションに400万をかけて、リフォーム。ということは、2,400万で売ることになりますね。

買い手からすれば、自分の理想のリフォームになっていれば、2,400万の価値はありますが、自分の希望でなければ、意味がありません

それなら、2,000万で購入して、自分で好きなようにリフォームするほうがいいのです

売主としたら、少しでも高く、早く売れるようにと、リフォームをするのですが、それが結果につながないほうが多いのです。

マンションを売る場合は、リフォームはせず、そのままの状態がいいです。

買い手が自分の好みに間取り変更や、水回りをリフォームできるほうが、買い手の満足度は高くなります。

では、なぜリフォームして売る人がいるのか?

それは、不動産屋にまんまと乗せられているからです。

不動産屋は、できるだけ高く売りたい売主の手伝いをしてくる、と考えている人も多いでしょう。

でも、実際には違います。いえ、正確には、高く売る手伝いもしたいけど、高く売るよりも、もっと利益がでるほうがいい、ということです。

売り主に、リフォームを持ち掛けて、高く売れるようにしましょう、という点を、もう少し細かく分析しますね。

まず、中古マンションのまま、2,000万で売れた場合。

手数料は3%とすると、60万です。手数料は3%と決まっているわけではありません。

詳しくは→に マンションの売却手数料のカラクリ

実質の売主の手取りは1,940万円です。(その他手数料は除く)

その他の手数料についてはこちらに

そして、180万かけてリフォーム後、20万を上乗せして、2,200万で売れた場合。

手数料は、66万。

実質の売主の手取りは2,134万です。ただ、実際には、リフォーム代が180万かかっているので、1,954万。

14万しか変わってないのが分かりますか?

もし、これが、90万のリフォームの場合は、10万上乗せして、2,100万。

売れた場合の手数料が、63万。

手取りは、2,037万です。ここからリフォーム費用の90万を引いて、1,947円。

なんと、たった7万しか変わりません。

買い手からみて、魅力的なリフォームであれば、「早く売れる」可能性はありますが、そうでない場合は、まったく意味のないリフォームです。

また、売主にとっても、リフォームすることで、高く売れたとしても、そこまで実際の利益が大幅にアップすることはありません

一番得をするのは、高く売れることで手数料が増える不動産屋のみ

買い手も、不要なリフォームには辟易していることが多いです。

売主がリフォームして売却しているマンションを見ると、安くあげたいのが「みえみえ」なんです。

キッチンも色々なメーカーがありますが、それぞれグレードが3つほどあるんですが、だいたい一番安いグレードを使っていますし、バスルームもしかり。

これは、私が買い手として、リフォームしている中古マションを見に行ったとき、ひしひし感じたことです。

しょーもないリフォームして、高く売るんだったら、そのままの汚い状態で、安く売ってほしい

なので、リフォームは一切しないほうがいいです。したほうがいい、という不動産屋は、自分の手数料を高くしたいだけなので、信用しないでくださいね。