マンションを売却する時に知っておくべきこと

まず、マンションの売却をする場合、不動産屋さんに「売ってほしい」と、お願いするのですが、そのお願いの方法が3種類あります。
これは、少し調べればわかることのなのですが、おさらいとして、私なりの見解も含めて書きます。
専属専任媒介契約
依頼した1つの不動産屋との契約で、他の会社には依頼できません。
・本人が自分で買い手を見つけたときでも、成約できません。
・他社の媒介により成約したときや、自分で買い手を見つけて成約したときは違約金が発生します。
・依頼を受けた仲介業者は、売主への1週間に1回以上の状況報告が義務づけられています。
専任媒介契約
・依頼した1つの不動産屋との契約で、他の会社には依頼できません。
・他社の媒介により成約したときは違約金が発生します。
・本人が自分で買い手を見つけたときは、営業経費など費用を支払う必要があります。
・依頼を受けた仲介業者は、売主への2週間に1回以上の状況報告が義務づけられています。
一般媒介契約
複数の不動産屋と媒介契約を結べます。
・契約する社名は明らかにする必要があります。
・明示していない仲介会社の媒介により成約したときは、営業経費など費用を支払う必要があります。
※上記いずれの方法でも、契約期間は3カ月間となっています。こちらから申し出ることにより、延長することが出来ます。
私は、結局16社に見積もりに来てもらい、話を聞きました。
普通は3から5社ぐらい、多くても7社ぐらいだと思います。
なにせ、来てもらうとなると、時間の調整も大変ですし、正直面倒です。
マンション売却にあたっての、不動産業者との契約やメリット、デメリットなどについては、おおむね3社と面談すれば、大体のことは分かりました。
しかし、16社との面談をする中で、業者さんの力関係や、業界特有の考え方など、分かったこと、感じた事、そして、慣習みたいなものを肌で感じることができました。
16社は多すぎるとしても、せめて6社から7社とは面談する方が、色々な考え方、情報を知ることができるので、おすすめです。
自分の知識を高めたうえで、売却を依頼する業者を選ぶのが確実です。
マンションを売るなんて、普通の人はそうそう経験することではありません。
一生に1回、あるかないかのことです!
まず、住んでいる地域によるのですが、私の場合、大阪市内のマンションですので、都市部になります。
なので、都市部の人にはすごく参考になると思います。
反対に都市部じゃない人には、参考にならない点も多いと思いますが、私なりの意見も織り交ぜて書いていきます。
まず、売却にあたってお願いする不動産業者を大きく3つに分けてみました。

大手の不動産販売会社
三井のリハウス
住友不動産
大京穴吹不動産
などなど
テレビのCMでも見かける不動産会社です。
メリットは、全国規模で展開しているので、知名度があり、お金もあるので、たくさんの物件を取り扱っていること。
広告掲載や、ちらしなども、予算が豊富にあるので、どんどんPRしてくれます。
デメリットは、扱う件数が多いので、「魅力がない」と思われる物件だと、手抜きされます。
あとは、大手と言っても営業マンの質は一定ではありません。優秀な営業マンが担当してくれるかどうかも、こちらでは選べないのもつらいです。

地域密着の不動産屋
名前は知らないけど、その地域に昔からある「町の電気屋さん」ならぬ「町の不動産屋さん」
その地域の情報に強いので、かなり期待できる場合もあります。
ある校区内の物件を探しているお客さんがすでにリストにある、ということも。
その街の情報通でもあるので、濃い情報、お客さんに強いです。
メリットはやはり、その地域に強いこと。デメリットは、動きが少ない地域だと、成約までに時間がかかることが多いです。

大手で優秀だった営業マンが独立して起こした会社
名前はまったく無名です。
Bとも、営業形態は違います。マンションの1室で営業活動を行う会社も多いです。
今はネットでマンションを探して、気に入った物件があれば、扱っている不動産会社に連絡する、というパターンが多いのですが、ネットを駆使して販売活動をしている会社です。
物件の見せ方や写真の撮り方、マンションのセールスポイントをしっかり把握して、販売活動してくれます。
ただ、知名度がないので、不安に思う人が多いのも事実です。
私が勝手に分けた「不動産屋さん」の分類です。
ちなみに私は、不動産売却の一括査定を申し込んで、色々な会社から連絡をもらいました。
その時は、あまり不動産屋さんの違いについては認識していなかったのですが、16社も面談すると、
「本当に違うなー」って感じることがいっぱいあって、3つに分類してみた次第です。
契約の種類が3種類あること。
そして、不動産会社の種類は、3種類に分けられる、ということ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする