不動産屋の買い取りましょうか?は無視!

マンションの売却をはじめて、1か月、2か月と売れないと、正直なところ、私も焦ってきます。

ここで、不動産屋からは、「少し値段を下げて様子を見ませんか?」という提示があります。

不動産屋としては、「早く売りたい」と思っているわけですが、実は、裏があります。

値下げしてでも売りたい=売り急いでいる、ということが分かれば、容赦なく、値下げしましょう、という提案をしてきます。

見学にも来ないし、売れないから仕方ない、と値下げに応じると、次々と値下げの提案を持ってきます。

まず、100万、また、100万、もう少し下げて50万、、、

あっという間に、250万ぐらいは下がってしまいます。そして、一度下げたマンションの価格を上げることは難しいです。

上がった時点で、興味を持っていた人は「あ!あのマンション値段が上がってる。」と逃げてしまいます。もちろん、すごく興味があって、ほしいと思っていた人は、アクションを起こしますが、その際も、「値上げ前の価格で」という打診とともにアプローチしてきます。

なので、何回も言いますが、売却の時は余裕を持ったプランを立ててください。

「3か月後に売らなくてはいけない」と、エンドが決まっていると、絶対に不動産屋はあの手、この手で、値下げをもちかけます。

不動産屋は、見学希望の人に「ごめんなさい。その物件は、すでに買い手がついてしまいまして、今、ローン審査中なんです。」と、平気でうそをつくこともあります。

見学に来させないようにして、売主に「人気がないのは値段のせいなので、早く下げましょう」と圧力をかけるわけです。これ、見抜こうと思っても、なかなか見抜けません。不安になった売主は、不動産屋の助言?に従わなくちゃ、と思い込んでしまう、というわけです。

そして、もっと怖いのが、「買取」です。これは、もう、絶対やめてください。

値段を下げても売れない、となれば、売り急いでいる売主は「もう、安くてもいいから早く売りたい」という気持ちになってしまいます。これは、仕方ないことなんです。だからこそ、そんな心理状態にならないように、期間に余裕を持った売却プランを立てるべきなんです。それこそ、まだ売るってほどじゃないけど、、というぐらいの時期でも、自分の家の相場などは、しっかり把握しておくべきですね。

で、「買取り」というのは、何がよくないのか、というと、まず、不動産屋に買いたたかれる、ということです。

何せ、売りに出しても人気がなくて、見学にさえ誰も来ない、そんな物件を当社が即金で買い取りましょう!と、言ってくれるわけですから、それは、もう、最初の提示よりも、2割ぐらい安く提示されることは当たり前です。

本当に人気のない物件なら仕方ないのですが、そこそこ人気のある物件でさえ、専任契約をしている不動産屋は、見学希望者を断り、人気のないように見せかけて、物件を買い叩きます。

そして、底値で仕入れた物件を高く売って、荒稼ぎをします。底値で仕入れている物件ですから、1年ぐらい売れなくても平気なわけで、物件が動く2、3月ごろを狙って、集中的にビラを撒いて、広告をして高値で売るのです。

うちのマンションでもありましたが、2階の204号室の部屋。角部屋です。いわゆる収益マンションとして、オーナーが賃貸に出していた部屋でした。

なんと、1600万で不動産会社に売って、半年ほど売れなかったのですが、結局、2100万で売れたんです。

もし、2100万円で売れるまで待っていたら、500万も高く売れたのに、、かわいそうです。

時間をかけられない事情があったとは思いますが、不動産屋の買取は断るのが賢明です。どうしても、時間がなく、早く売却したい場合は、複数の(できれば10件ぐらい)業者からしっかり見積もりをとって、条件がいい業者に決めてください。

繰り返しますが「買取」は、最終手段です。この、最終手段を使わなくてもいいように、できる限り余裕をもった売却スケジュールで挑むのが、納得できるマンション売却の秘訣です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする